19

0102

遊び

コバルトブルーの湧水
別府弁天池

疲れのせいか、最近なんだか体が重い。
コバルトブルーの泉でも見れば少しは体が軽くなるのにな。
ということで行ってみました別府弁天池!

別府弁天池

「別府弁天池」は別府厳島神社の境内にある池である。
毎秒186リットル、毎分11トンの水が池から湧き出ており、1985年(昭和60年)には別府弁天池湧水として環境庁により日本名水百選に選定。
コバルトブルーにか輝くその湧水の美しさは、まさに息を呑むほどである。
ゴクリ…。

なぜコバルトブルーに見える?

光は波長の長い方から赤・橙・黄・緑・青・藍・紫の順に並んでおり、水中では波長の短い青色の光の割合が多くなる。
弁天池はミネラル分を多く含んでいるため、太陽光の屈折率を変化させ、青色のみが反射するようになるのだそうな。
まさに弁天池の水質あってこその美しい色なのだ。

飲用可

なんと、弁天池の水は飲用可能である。
150円でボトルが販売されているが、容器を持ち込めばもちろん無料。
水温は約14度で、カルシウムの含有量は20PPmと、冷んやり美味しい。

その他の見所

弁天池の隣には美祢市養鱒場があり、そこで釣り堀も体験できる。
釣り堀の料金は竿代が300円、ニジマス1,700円/kgとなっている。
子供でも簡単に釣ることができるので、家族連れに人気のスポットだ。
そして、釣り堀で釣ったニジマスは、持ち帰ることはもちろん可能だが、弁天会館、泉流庭という2つの食事処で料理してもらうことができる。
自分で釣ったニジマスを弁天池の側で食すのは格別である。

アクセス

別府弁天池は山口県美祢市にあり、JR山陽本線新山口駅から車で60分、美弥ICから車で20分で行くことができる。
広くて無料の駐車場があるので、車で行くのがオススメだ。

疲れた日々にオアシスを。コバルトブルーに輝く泉に癒されに、一度足を運んでみてはいかがだろうか。

坂本 政昌