19

1608

遊び

山口県が誇る日本三名橋
錦帯橋

今回は山口県が世界に誇る橋、「錦帯橋」についてご紹介します。

錦帯橋

錦帯橋は山口県岩国市の錦川にある木造のアーチ橋で、日本三名橋や日本三大奇橋に数えられており、名勝にも指定されています。
5蓮のアーチからなる錦帯橋は、全長193.3メートル、幅員5メートルで、主要構造部は継手や仕口といった組木の技術により、釘は1本も使わずに造られています。
石積の橋脚の上に5蓮のアーチ橋が組まれた構造で、世界的に見ても希な構造として知られています。
また、桜の名所としても有名で、日本さくら名所100選にも選ばれています。

歴史

錦帯橋は、1673年(延宝元年)に岩国三代藩主吉川広嘉により、岩国城と城下町をつなぐ橋として建造。
岩国城と城下町との間に橋が架けられたのは、錦帯橋が最初ではなく、初代岩国藩主吉川広家が岩国城を築城して以来、岩国城と城下町をつなぐ橋は数回架けられているが、錦川の洪水によりたびたび流失していた。
そのため、三代領主の広嘉は、洪水に耐えられる橋を造ることに着手。
実に14年の歳月を費やし、多くの試行錯誤の果てに錦帯橋が完成する。
完成翌年の1674年(延宝2年)、洪水により石の橋脚が壊れ、木橋も落ちてしまったため、同年に橋台の敷石を強化し再建した。
その後は定期的に架け替え工事が行われ、昭和まで250年以上流失することなく保たれた。
しかし、1950年(昭和25年)の台風で全て流失したため、現在の橋は1953(昭和28年)に建造当時のまま復元されたものである。

入橋について

■錦帯橋入橋券(往復)
・大人(中学生以上):個人300円・団体250円
・小学生:個人150円・団体120円(幼児無料)

■セット券(錦帯橋入橋券、ロープウェー(往復)、岩国城)
・大人(中学生以上):個人1,110円→940円(団体750円)に割引
・小学生:個人520円→450円(団体350円)に割引
※団体は15名以上

■営業時間
8:00〜17:00(観光シーズン18:00まで、夏期19:00まで)
・料金所に人がいない時間は、夜間料金箱に料金を入れて入橋可能。夜間照明は22:00まで(24時間入橋可能ですが、22:00からは消灯)。

アクセス

・岩国ICから車で約10分
・岩国駅からバスで約15分〜20分
・岩国錦帯橋空港からバスで約30分(錦帯橋行きのバスは10時45分、10時50分の2本のみのため、それ以外の時間の場合は岩国駅で路線バスに乗り換える必要あり)

観光名所とあって平日もそこそこの人がいます(土日は更に多い)が、先人たちの汗と涙、技術の結晶によって造られた錦帯橋は一見の価値があります。
山口県にお立ち寄りの際には是非お立ち寄りください!

坂本 政昌