20

1903

仕事と暮らし

知っちょる?山口弁 Vol.2

おいでませ、山口へ。
ということで、先日ご紹介した「知っちょる?山口弁」の第2段でございます。
「あ!それ知っちょる!」というような定番な方言から、「それは知らんかったわー」というようなマイナーな方言まで、ご紹介していきます!

概要

山口弁は中国方言のひとつで、広島県西部方言(安芸方言)や島根県西部方言(石見方言)とともに西中国方言に属されます。
また、山口弁は中国方言のひとつではありますが、九州方言との関係も認められています。

イントネーション

山口弁のイントネーションは言葉によって多少の訛りがありますが、基本的には標準語に近いです。
そのため、方言がでにくい敬語で話せば、うっかり山口弁の単語を発さない限りはほとんど分かりません。
東京などの大都会にもすぐに適応できます。

それでは、実際に例を交えて山口弁を紹介していきましょう。

山口弁をご紹介

・びっしゃこ(意味:ずぶ濡れ)
こちらは、なんとなく音でイメージしやすいですね。大雨の日なんかにはよく使います。
例:いきなり大雨が降ってきたけぇ、びっしゃこじゃーや(いきなり大雨が降ってきたので、ずぶ濡れです)

・よーけ(意味:たくさん)
こちらもそこそこ使いますが、岡山県など他の地域でも使うため、みなさんもご存知ではないでしょうか?
例:さっきあのおっちゃんから飴をよーけもろうたっちゃ(さっきあのおじさんから飴をたくさんもらいました)

・しろしい(意味:うるさい)
これは山口県民でないと分からない言葉かもしれません。県内でも若人が使うイメージはあまりありません。よく筆者の祖母が言っていたのを、まるで昨日のことのように覚えています。
例:しろしいっ!(うるさいっ!)

・やし(意味:ずるい)
これはなかなか他地域の方には分かりづらいでしょうか。「ずるい」という意味になり、山口県内では若人も使っているイメージです。
例:あ!やしやん!(あ!ズルしている!)

・イラ(意味:くらげ)
「イライラする」と思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか?実は山口県では「くらげ」の意味で使われることがあります。夏の終わりの海には要注意ですね。無論、筆者も刺されたことがあります。
例:イラに刺された!(くらげに刺された!)

・すいばり(意味:木の棘)
こちらは他県でも使うことがあるようですが、山口県でもよく耳にする言葉です。幼少期、すいばりが指に刺さり、なかなか抜けず途方に暮れたのを思い出します。
例:A:痛っ!B:それ、すいばりがささっちょんじゃないん?(A:痛っ!B:それ、木の棘が刺さっているのではないの?)

・おいでませ(意味:いらっしゃいませ)
冒頭に記載致しましたが、みなさんご存知の「おいでませ」。山口県では看板などでちょくちょくこの言葉を目にします。
例:おいでませ、我が家へ(いらっしゃませ、我が家へ)

いかがでしたか?

さて、山口弁第2段、いかがでしたか?
まだまだ、ご紹介したい山口弁はあるのでが、それはまた次の機会に!乞うご期待!

>> 知っちょる?山口弁 Vol.1はこちら

坂本 政昌