21

0502

食べ歩き

酒蔵? カフェ? 大自然の中に現れた謎の建造物

寒空の大嶺酒造外観

冬が終わり、いよいよ春がくる! と思ったら、また冬が来ました。

こんにちは、初投稿のくりたです。
山口、寒いです。

今日は寒空の下、山口県美祢市の秋吉台カルスト大地(日本最大級!)をあてもなくさまよっていたところ、突如目の前にお洒落感ただよう白い建造物が現れました。

お洒落だな〜、怖いな〜と
恐る恐る近づいていくと……

大嶺酒造暖簾

これまた白を基調とした清潔感ある暖簾(のれん)が、陰キャの僕を優しく出迎えてくれました。
(右下に描かれているのは、イラスレーターのたなかみさきさんの絵だ!)

—たなかみさきさんのインスタはこちら

ネオンサイン

暖簾をくぐると、お洒落ネオンサイン年表が登場。
ありがとうございます。
入店(入蔵?)一歩目で既にお腹いっぱいです。

商品写真

どうやらここは、世界から注目を集める日本酒『Ohmine』の酒蔵(大嶺酒造さん)だそう。

『Ohmine』といえば、山口に住む僕にとっては、シンプルな白い瓶に米粒のシルエットがあしらわれたデザインでお馴染みの日本酒。
居酒屋等のディスプレイとして飾られている日本酒の中でも、一際目を引く存在です。

過去に『1粒純米大吟醸生』をいただいたことがあったのですが、”白桃の様な芳醇な甘さ”そのものでした。

中身の日本酒を楽しんだ後は、花瓶として花を生けるのもおすすめです。

大嶺純米大吟醸

さて、酒蔵に話を戻しまして。

こちらでは、窓越しに酒造りの様子を見学することができます。
統一されたビジュアルでずらりと並ぶ醸造タンクや、従業員の方が仕込みをする様子など、普段なかなか目にできない様子をご覧いただけます。

醸造タンク
発酵室サイン

こんな洒落た『発酵室』のサイン、はじめて……////

カフェメニュー

こちらの酒蔵にはカフェも併設されていて、『Ohmine』の試飲(有料)や、仕込み水でもある別府弁天池の湧水の試飲(無料)、そしてその水でドリップしたコーヒーなどが楽しめます。僕は開放感あふれる席で凍えながら、りんごの甘酒をいただきました。

震えていたらカフェの店員さんが石油ストーブをつけてくれました。
(ホスピタリティ……!)

今更ですが、ひとつひとつのインテリアに目を奪われすぎて内観の雰囲気が伝わる写真を全く撮っていませんでした。
全体の素晴らしい雰囲気は、ぜひご自身でお確かめいただければと思います。

ネオンサイン

『REBORN』して8年で、
『AGAINST SAKE WORLD』……。
大嶺酒造さんに一体何が……!!

[大嶺酒造]
住所|山口県美祢市秋芳町別府2585-2
営業|10:00~17:00 
定休|なし 
TEL|0837-64-0700
駐車場あり(大自然の中につき広々)

—WEBサイトはこちら

くりた