20

2310

仕事と暮らし

AIがコーディング!?
Sketch2Code

最近はまた一段と寒くなってきました。
こんな日は家にこもってゆっくりしたいところです。
さて、今日は皆さんに未来を感じるツールをご紹介します。

Sketch2Code

Sketch2CodeはMicrosoftのWebサービスで、紙とペンでスケッチした画像をアップロードすると、HTML5形式に自動的に変換してくれるという、AIを利用したなんとも未来を感じるサービスなのです。
では実際にご紹介していきましょう。

こちらが最初の画面。まずは手書き画像のアップロードです。
ご親切にMicrosoftがデモ画像をいくつか用意してくれているので、今回はその中から1つ選んで使ってみましょう。
今回はデモ画像なので「Use this sample」のボタンを押下しましたが、通常は画像をアップロードすると分析が始まります。

分析のため待つこと数秒、次のページに切り替わります。
横並びになっている画像の左がアップロードした手書きの画像、右がAIが作成したHTMLの見た目です。
画像の下にある「PREDICTED OBJECT DETAILS」ボタンをクリックすると、以下の画面に切り替わり、詳しい分析結果を出してくれます。
これを見るだけで楽しいですね。
そして、「DOWNLOAD YOUR HTML CODE」をクリックするとAIが作成したHTMLファイルをダウンロードできます。
ファイル名は「result.html」になるようです。

それでは、実際にAIが作成したHTMLをご覧いただきましょう。
以下になります。

See the Pen
ColorPicker
by Masaaki Sakamoto (@jazzboy)
on CodePen.

おおーー!すごい!かなり正確にできている!
しかしながら、実用できるかというと少し難しいかもしれません。
実のところ、HTMLソースだけでも流用できたらと思っていたのですが、要素にclassやstyleが多く当たっている。(まあ当然ですが)
ここから修正を加えていくことを考えたら、自分で書いた方が速いし、ミスも減る気が。。。
やはりまだ実用化は難しそうですね。
まあ、これが実用化したら仕事がなくなりますから、いいんですけどね。
実用はまだ難しくてもサービスとしては面白いので、皆さんも是非お試しあれ!

Sketch2Code
https://sketch2code.azurewebsites.net/

坂本 政昌