21

1204

仕事と暮らし

React.jsを使って
Hello Worldを出してみた!

新年度が始まり、桜も散り始め、春の日差しが心地よい毎日となってきました。
皆様いかがお過ごしでしょうか。

本日は、Javascriptのフレームワークの1つ「React.js」をご紹介致します。
「React.js」とは、かのFacebookが開発した、Javascriptライブラリの1つで、昨今のアプリ制作・WEB制作業界では、
もはや聞かない日は、ないほどの技術となっています。

本日は、「React.js」を使って「Hello World」を出して見ることにします。

まずエディタの「VSCODE」のターミナルを開き、下記コマンドを使って、環境を構築します。

npx create-react-app hello_world

すると・・・
Reactを構成するファイルが自動で入ってきましたね。

次に下記コマンドで、ディレクトリの移動を行います。

cd hello_world

これで準備OK!
簡単ですね♪
下記コマンドを入力して、
さっそく、実行してみましょう!

npm start

キタ━━━(゚∀゚).━━━!!!

これがReact…
なんだかロゴもイケてますね笑

さぁでは、実際に「Hello World」を出して見ましょう!
変更する箇所は、「src/App.js」です。
中をのぞいて見ると、、、

JSの中にHTMLが記述されてる…
なんだコレ…

こちらは、「JSX」と呼び、Reactでは、JSの中にHTMLを記述することができます。

「Hello World」を出す場合は、「return」の直前に

window.alert(“Hello World”);

と、記述すれば良いみたいですね。

ブラウザを更新すると、「Hello World」と無事アラートが出てきました!

Reactは、アプリ制作などのシステム開発の現場では、もはや必須となっています。
Web制作の現場でも使用される頻度がこれから、一気に増えていくことになると言われています。
私自身もこれらのJavascriptライブラリを勉強していかなければなと思っております。
次回は「View.js」で「Hello World」を出してみたいと思います!

お楽しみにー!

ナカムラ